KSP全国防犯マップ > 兵庫県

兵庫県

2010年10月 2日

丹波地域でクマ出没相次ぐ 登山イベント中止も

 丹波地域でクマの出没が相次いでいる。県によると、9月の目撃・痕跡数は9件。4月から9月末までの累計は23件に上り、昨年の11件の2倍を超えた。丹波市では相次ぐ目撃情報を受け、10月下旬に予定していた登山イベントが中止になり、市と県は、登山者らに注意を呼び掛けている。(桑野博彰)


 県森林動物研究センター(丹波市青垣町)によると、県内の8月末の目撃・痕跡件数は378件と過去最多を更新。今年はクマのえさとなるドングリなどが凶作で、冬眠前にえさを求めて人里に出没しているという。

 丹波市では9月27〜29日、同市青垣町と氷上町の住民から目撃・痕跡情報が5件寄せられた。28日には民家近くの山すそで、木の幹につめ跡が発見され、クマが食べたとみられる未成熟のカキも見つかった。29日午後5時半ごろには、住民が集落や幹線道路を横切って山から山へ移動する体長約1メートルのクマを目撃。篠山市でも15日、集落のはずれにある山林で、ミツバチの巣箱が壊された。

 丹波市氷上町の幸世自治振興会は、10月24日に小学生らが登山を楽しむイベント「五台山まつり」を計画していたが、登山口近くでクマが目撃されたため中止を決定。同まつりは3年前もクマの出没で中止されている。

 市は、カキやクリなどは、クマのえさにならないよう早めに収穫するよう、住民に要請。登山客に対しては「鈴やラジオを身に付け、クマに自分の存在を知らせてほしい」と呼び掛けている。

2010年10月 5日

高2男子が刺され死亡、刃物持った男逃走…神戸

 4日午後10時50分頃、神戸市北区筑紫が丘で、通行人から「路上で若い男性が倒れている」と110番があった。兵庫県警神戸北署員が駆けつけたところ、路上で、近くの私立高2年、堤将太さん(16)が頭や首から血を流して倒れており、病院に搬送されたが、約1時間半後に死亡した。堤さんは、刃物を持った男に刺されるなどしたといい、同署は殺人事件として、逃げた男の行方を追っている。

 同署によると、逃げた男は1メートル60〜1メートル70、20〜30歳代で、ジャージー姿。現場付近の自動販売機前で、堤さんと知り合いの少女が話していると、男が近づいてきて、刃物を振りかざしたという。少女は「堤さんがかばって逃がしてくれたが、心配になってすぐに戻ると倒れていた。男と面識はない」と話しているという。

 現場近くの30歳代男性は「自宅にいると、外から男の子の声で『刺された。逃げろ』と叫び声が聞こえた。外に出てみると、横断歩道で少年が血を流して倒れていた。そばに女の子がいて泣いているようだった」と話した。現場は神戸電鉄谷上駅から南約2キロの住宅街。

2010年10月 6日

帰宅したら包丁男!27歳女性の体触り逃走

 4日午後10時55分頃、神戸市兵庫区西出町のマンションで、2階に住む無職女性(27)が帰宅したところ、室内に忍び込んでいた男に包丁を突きつけられた。
男は女性を押し倒して胸などを触った後、逃走。女性は左耳に軽いけがを負った。

 兵庫県警兵庫署が強制わいせつ事件として捜査。発表によると、男は30〜40歳代で、髪を茶色に染め、黒いマスクを着用していた。女性が帰宅時、居室の鍵は開いていたという。

2010年10月18日

神戸市兵庫区で変死

 17日午前6時40分ごろ、神戸市兵庫区松原通のマンションの敷地内で、男性が倒れているのを通行人が発見、119番通報した。救急隊員が駆けつけたところ男性はすでに死亡。男性の後頭部に殴られたような傷があったことなどから、兵庫署では事件と事故の両面で男性の死因などを調べている。同署によると、男性は70歳くらい。襟付きのシャツと長ズボンを着用し、スリッパを履いた状態でフェンスにもたれかかるように倒れていたという。

2010年10月25日

クマに襲われ、5メートル下の川に転落

 野生のクマによる被害が全国各地で相次ぐ中、兵庫県朝来市山口の市道で24日、近くに住む椿野憲樹さん(58)が散歩中に前から向かってきたクマに襲われ、もみ合いの末、川に転落して重傷を負った。クマは体長約1メートルで、そのまま逃げ去ったという。また福井県勝山市では農作業をしていた男性が襲われ重傷を負う被害や、新潟県三条市でもクルミ拾いをしていた男性がクマと鉢合わせをして襲われるなどした。富山県でも農家のプレハブ小屋が壊されたが住民にけがはなかった。

 兵庫県警朝来署によると、椿野さんは早朝まだ薄暗い午前5時30分ごろ、自宅付近の市道を散歩中に被害にあった。前方約20メートルに、体長約1メートルのツキノワグマが突然現れ、クマが正面から襲ってきたという。

 椿野さんはクマともみ合いになり、市道から約5メートル下の川に転落。ビルの2階ほどの高さからの落下で、川底はコンクリートだった。頭にはクマによる引っかかれた傷と、落下の際に右手の指を骨折するなどの重傷を負ったが、命に別条はないという。クマはそのまま逃げ去った。

 椿野さんは、びしょぬれになったまま、自力で自宅に戻った。家族が119番通報し、同県豊岡市内の病院に搬送された。被害に遭った場所は、県内を流れる円山川と山にはさまれた生活道路で、川を流れる河川敷にはガードレールはあったが、そのちょうど切れ目から落下したらしい。朝来市内では22日と23日にもクマの目撃情報があり、同署でもパトロールを強化し警戒を続けている。

 一方、福井県勝山市では午前8時ごろ、農作業をしていた男性(84)が顔面と両ひざをツメで引っかかれて重傷を負った。命に別条はないという。クマはその場から逃げ、市職員と地元猟友会が周辺を捜索している。同市では今月12日にも福祉施設にツキノワグマが侵入、看護師を襲いけがをさせ施設内に立てこもる騒ぎがあった。

 また新潟県三条市では、五十嵐川沿いの林で午前6時ごろ、クルミ拾いをしていた男性(65)が、鉢合わせしたクマに襲われた。男性にけがはなくクマは川の上流へ逃げたという。男性は声を出して追い払おうとしたが、ツメで引っかかれズボンのすそと長靴が破れたという。

2010年10月26日

住宅の庭木に登ったクマを捕獲 兵庫・朝来市

 24日に男性がクマに襲われて重傷を負った兵庫県朝来市で、住宅の庭の木に登っているクマが見つかり、警察に捕獲されました。

 25日午後7時半ごろ、朝来市和田山町の住民から「ガサガサした音がして庭を見るとクマがいる」と110番通報がありました。警察が駆けつけると、住宅の庭にある高さ5メートルほどの柿の木にクマが登っていて、柿の実を食べていました。警察官約30人が出動し、近くのゴミ捨て場にあったゴミ収集用のコンテナを檻(おり)として用意し、カラス避けネットやさすまたを使って約2時間後にクマを捕獲しました。けが人はありませんでした
 朝来農林振興事務所・瀬尾裕久課長:「親グマは子グマを探す可能性がある。引き続き、警戒が必要」
 捕獲されたクマは体長約70センチのツキノワグマで、県が山の中で殺処分するということです。朝来市ではこの1カ月でクマの目撃情報が去年の倍以上の約40件寄せられていて、24日に男性がクマに襲われて重傷を負ったばかりでした。

2010年10月29日

車内で血まみれの少年2人重体 小学校の門の前で

車内で血まみれの少年2人重体 小学校の門の前で(10/29 11:46)
 神戸市須磨区で29日朝早く、車の中で19歳の少年2人が何者かに頭を殴られて血まみれで倒れているのが見つかりました。2人は重体です。

 午前5時15分ごろ、神戸市須磨区で「車の中で男性2人が倒れている」と通行人から通報がありました。警察と消防が駆けつけると、小学校前の校庭に面した門の前の道路に止められた普通乗用車の中で男性2人が血まみれで倒れていました。倒れていたのは、神戸市垂水区の釜谷圭祐さん(19)と明石市の榊原諒さん(19)で、釜谷さんは後部座席、榊原さんはその後ろの荷台で倒れていました。2人は頭を鈍器のようなもので殴られた傷が数カ所あり、2人とも意識不明の重体です。2時間ほど前に、神戸市西区内のコンビニエンスストアから釜谷さんの携帯で「頭を殴られた」との110番通報があり、警察では傷害事件として捜査しています。

兵庫・豊岡市 また、クマ出没

 またクマが出没しました。

 今度は兵庫県豊岡市で木の上で寝ていたところを夕方、捕獲されました。

 28日午前8時半すぎ、兵庫県豊岡市日高町でクマ1頭が畑にいるのが見つかりました。

 クマは一時、近くの廃屋に逃げ込み、その後木の上に登ってスヤスヤと眠りに…。

 市の職員がハチミツを入れた檻を仕掛けるなどして様子を見守っていましたが、午後4時20分頃、麻酔で眠らされ捕獲されました。

 この後、山に返す予定だと言うことです。

 「私の前でウォーと言って、びっくりしてそれこそ大きな声でワァーと言って、そしたら逃げました」(目撃者)

 見つかった場所はJR山陰線・江原駅付近で、商店や学校などがある町の中心部でした。

 市には昨夜から駅近くを歩くクマの親子の目撃情報が複数寄せられていて、捕獲されたのはこの子グマと見られていますが、親グマはまだ見つかっていません。

 兵庫県内では先月だけでクマの目撃情報が420件と急激に増えていて、警察などが注意を呼びかけています。

2010年11月 1日

車の走行でトラブル、バットで殴られ高3重体

 兵庫県警姫路署は30日、車の走行を巡るトラブルから県立高3年の男子生徒(18)をバットで殴って大けがを負わせたとして、同県姫路市内の自動車整備士の少年(18)を傷害などの容疑で逮捕した。

 生徒は頭の骨を折って重体。

 発表によると、30日午前1時30分頃、同市広峰の県道交差点で、乗用車やバイクに分乗して走っていた少年ら8人が、軽乗用車に乗った同市内の生徒ら4人と口論になり、少年がカーボン製バットで軽乗用車の窓ガラスを割り、運転席にいた生徒を殴った疑い。

 少年は容疑を認めているという。

2010年11月13日

60代夫婦殺害 刺し傷複数、死後数日 西宮

 12日午後5時ごろ、兵庫県西宮市小松西町2丁目の水田建築綜合設計事務所の1階の引き戸に血痕がついているのを通行人の男性が見つけ、交番に届けた。兵庫県警甲子園署員が駆けつけると、1階の屋内駐車場と事務所内で、この建物に住む1級建築士の水田実さん(62)と妻の輝子さん(62)の遺体が見つかった。県警によると、実さんは腹部、輝子さんは首を中心に複数の刺し傷や切り傷があった。死後数日経過しているとみられ、県警は殺人容疑で同署に捜査本部を設置した。

 捜査本部によると、建物は4階建てで、1階に屋内車庫と事務所があり、2階が作業場、3階以上が住居。実さんは、細い通りに面した車庫の車のそばに靴を履かずにあおむけに倒れていた。左腕には刃物を防ごうとしたとみられる傷があった。駐車場の引き戸は施錠されていた。輝子さんは1階の事務所内で片方の靴だけを履いてあおむけに倒れていた。大通りに面した事務所の入り口は無施錠だった。2人の間には血だまりや血痕が点々と残っていた。事務所のテーブルやいすが倒れ、争ったとみられる跡があるが、凶器などは見つかっていないという。

 8日昼ごろ輝子さんは姉と自宅近くで会っているが、翌9日午前10時ごろに近くの人が引き戸についていた血痕らしき跡を見ていたという。

 現場は阪神鳴尾駅の北東約400メートルの住宅街の一角で、市道小曽根線沿い。

2010年12月 9日

兵庫・加西市男性、路上で死亡

 9日未明、兵庫県加西市の路上で男性が顔から血を流して倒れているのが見つかりまもなく死亡しました。男性の顔から頭にかけて刃物による傷があり、警察は事件とみて調べています。

 午前4時半頃、兵庫県加西市中山町の路上で、「人が倒れている」と新聞配達員から消防に通報がありました。

 警察によりますと、倒れていたのは、現場の目の前に住む警備員の内藤公丈さん(55)で、顔から左側の頭部にかけて、刃物で切られたような傷がありあおむけに倒れていておよそ1時間後に、市内の病院で死亡が確認されました。

 内藤さんは部屋着のような上下ジャージ姿で、靴は履いておらず、警察は、事件に巻き込まれたとみて捜査しています。

2011年2月12日

殺人:路上駐車の保冷車に遺体 拉致の男性か…兵庫・姫路

 11日午後10時20分ごろ、兵庫県姫路市飾磨区今在家3の市道に路上駐車していた不審な保冷車を県警機動捜査隊員が発見。調べたところ、保冷室内から毛布にくるまれた30〜40歳ぐらいの男性の遺体が見つかった。10日夕に市内で男性が拉致されたとの情報があり、県警姫路署は、遺体が拉致された男性とみて身元確認を急ぐとともに、顔に殴られたような傷があることから殺人事件とみて調べている。

 姫路署によると、10日夕に女性の声で「姫路で男性が男2人組に車で連れ去られた」との110番通報があり、県警が行方を捜していた。保冷車は神戸ナンバーのレンタカーで、保冷室の鍵は掛かっていなかったという。

2011年2月21日

50歳次女の腹刺す、84歳父逮捕 神戸・須磨

 同居の次女(50)の腹を刺し重傷を負わせたとして、兵庫県警須磨署は21日、殺人未遂容疑で、神戸市須磨区清水台の無職、芳谷豪長(ごうちょう)容疑者(84)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は21日午前5時45分ごろ、自宅マンションの居間で次女の左脇腹を包丁で刺し、重傷を負わせたとしている。芳谷容疑者も自分の首を切り軽傷。

 須磨署によると、芳谷容疑者は妻(85)と次女の3人暮らし。次女が「腹を刺された」と110番し、駆けつけた同署員が芳谷容疑者を逮捕した。同署は動機などを調べている。

2011年4月19日

西宮の交差点 腹刺され死亡 47歳男性

 19日午前2時40分ごろ、兵庫県西宮市小松西町2丁目の市道交差点で「男性が血を流して倒れている」と通行人から110番通報があった。男性は首や腹を刺され、病院に運ばれたが間もなく死亡した。県警は甲子園署に捜査本部を置き、殺人容疑で捜査を始めた。

 甲子園署によると、男性は、住所・職業いずれも不詳の三浦一夫さん(47)。左脇腹を中心に数カ所の刺し傷があり、腹部に包丁が刺さっていたという。約50メートル東の路上には三浦さん名義の大型バイクがあった。

 付近の住民によると、近くの集合住宅の路上付近に設置された防犯カメラに同日午前2時半ごろ、交差点付近ですれ違った2人の人物が1、2分間もみあう様子が映っているという。

 現場は阪神鳴尾駅の北東約500メートルの住宅街で、三浦さんが倒れていた場所の前に小松交番があった。事件当時2人の警察官が勤務し、1人はパトロールで外出、もう1人は仮眠中だったという。

 現場の約100メートル南では昨年11月、60代の建築士夫妻が自宅兼事務所内で刺殺される事件が起きている。

About 兵庫県

ブログ「KSP全国防犯マップ」のカテゴリ「兵庫県」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは大阪府です。

次のカテゴリは京都府です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。