全国防犯ニュース > 大阪府 > 豊中市 > 男性殴り眼球破裂、容疑の少年「ひったくりの失敗版」

大阪府::豊中市
 男性殴り眼球破裂、容疑の少年「ひったくりの失敗版」

 大阪府豊中市の路上で8月、通行人の警備員男性(63)が自転車で通りかかった男に殴られ、左の眼球が破裂する重傷を負った事件で、豊中南署は6日、別の窃盗事件で逮捕していた市内の無職少年(18)を強盗致傷容疑で再逮捕し、発表した。

 豊中南署によると、少年は9月に自転車を使ったひったくり事件の窃盗容疑で逮捕された。再逮捕容疑になった事件について、「バッグを奪うために傘の柄で殴った。ひったくりの失敗バージョンや」と供述しているという。

 少年は8月2日午前8時5分ごろ、豊中市庄内西町5丁目の路上で、警備員の顔を傘で殴って重傷を負わせ、逃げた疑いが持たれている。



【KSP店長の一言】
ひったくりの失敗バージョンなどという救いようもないほどの罪悪感のなさ、恐ろしいものです。自転車はそれでなくても歩行者のそばを猛スピードで通り過ぎて危険ですし、防犯や自己防衛も兼ねて頻繁に背後を確認しましょう。