防犯グッズ・スタンガンの販売店KSP 催涙スプレーの噴射タイプ - ミストタイプ(霧状噴射)

 カゴの中を見る  ログイン・会員メニュー  問合せ  サイトマップ

防犯グッズ・スタンガン KSPネット店

TOPページ会社案内お客様の声 |お問合せはお気軽に >> (0940) 42-9042(年中無休24時間/深夜除く)

防犯グッズ・スタンガンのKSP > 催涙スプレー > 催涙スプレー情報 > 催涙スプレーの噴射タイプ > ミストタイプ(霧状噴射)

催涙スプレーの噴射タイプ - ミストタイプ(霧状噴射)

ミストタイプの噴射方式は、催涙液を霧状に噴射する方式です。
市販の殺虫剤やヘアースプレーのようなイメージで霧状のガスを噴射します。
しかし、催涙スプレー自体がヘアースプレーと違う目的のものなので当然噴射の勢いは違います。ミストタイプの催涙スプレーのガスの出方は殺虫剤の噴射の勢いを強くしたものとイメージして下さい。
ミストタイプ催涙スプレーの噴射イメージ

ミストタイプ噴射の様子


催涙スプレー SP-3← 代表的なミストタイプ[SP-3]

>> 催涙スプレーページ

催涙スプレーは圧力缶とノズルで構成されています。圧力缶には催涙成分と溶剤、そして代替フロンのような高圧ガスが封入されており、ノズル部を押す事で内容物を噴射します。

催涙スプレーには誤噴射防止のために安全ロックが用意されていますので、それぞれのロック方式に従ってロックを解除した上で噴射ボタンを押します。

噴射は缶の中が空になるまで連続して噴射可能ですが、連続での噴射は圧力缶の内部圧力を急激に低下させるため缶本体が冷たくなり、噴射力が低下する可能性があります。催涙スプレーの缶部を手の平でしっかり握っていればある程度の温度低下は防げるため、噴射力の低下を軽減できます。

大型の催涙スプレーは噴射の際に噴射による反動がありますので、噴射する時は催涙スプレー本体をしっかりと持って下さい。

使い切っていない催涙スプレーをそのまま廃棄するのは危険なのでやめてやめて下さい。
催涙スプレーはどうやって廃棄処分したらいいですか?

ミストタイプの長所は狙いやすい点です。他の噴射方式と違って催涙ガスが幅広く広がりながら噴射されるため狙いを外すリスクがほとんどありません。日頃慣れ親しんでいる殺虫剤やヘアースプレーと同じイメージという点も使う感覚を違和感ないものにしてくれます。

ミストタイプの欠点は噴射距離の短さと風に対する弱さです。
ミストタイプは霧状に噴射する性質上、ガスの到達距離が短くなります。また噴射したガス自体が細かい霧状の粒で非常に軽いため、風による影響を受けます。特に強めの向かい風といった状態では相手に届かない可能性がありますので注意が必要です。また、屋外であれば風に乗って遠方まで漂う可能性があり、狭い空間では充満する可能性があります。屋外で使用の際は自分の位置が風下にならないように注意して下さい。狭い空間(室内や車内)などで使用する場合は息を止め、目は薄目にした上で使用し、すぐにその場を離れたほうが賢明です。万が一自分に催涙スプレーの効果が及ん場合は目がシバシバなったり喉がひりひりしたりするかもしれませんが、これらの症状は数十分で完全に回復します。