防犯グッズとスタンガンのKSP 催涙スプレー情報 - 催涙スプレーの操作方式

 カゴの中を見る  ログイン・会員メニュー  問合せ  サイトマップ

防犯グッズ・スタンガン KSPネット店

TOPページ会社案内お客様の声 |お問合せはお気軽に >> (0940) 42-9042(年中無休24時間/深夜除く)

防犯グッズ・スタンガンのKSP > 催涙スプレー > 催涙スプレー情報 > 催涙スプレーの操作方式

催涙スプレー情報 - 催涙スプレーの操作方式

全ての催涙スプレーには誤噴射を防止するための安全構造があります。
噴射するためにはそれぞれに合った操作を行います。

>> 催涙スプレーページ

当店の催涙スプレーには構造的に8種類の操作方法があります

1.スピントップ 
2.ツイストロック 
3.フリップトップ 
4.スライドプッシュ 
5.コックトップ 
6.安全レバー 
7.ファイヤーマスター 
8.キャップリリース 

※クリックすると当ページの該当項目に移動します

1.スピントップ

スピントップ
小型催涙スプレーの操作性を飛躍的に高めたスピントップ。
ヘッド全体が回転し安全ロックや解除を行います。
ロック解除後にヘッド全体を押しすと噴射します。
詳しい解説

2.ツイストロック

ツイストロック
小型の催涙スプレーに多いのがこのツイストロック方式。
噴射ボタンの飛び出し部(リップ部分)が安全装置を兼ねています。
ボタンを噴射位置へ回転させるとボタンを押せます。
詳しい解説

3.フリップトップ

フリップトップ
中型催涙スプレーで多く採用されているフリップトップ方式。
ボタン上部にバネで開閉するカバーがあり誤噴射を防止。
噴射時にはカバーの下に指を入れボタンを押します。
詳しい解説

4.スライドプッシュ

スライドプッシュ
一部の小型催涙スプレーに採用されているスライドプッシュ方式。
ボタンを前方にスライドさせた上で押し込む独自の操作方法です。
詳しい解説

5.コックトップ

コックトップ
最も素早く直感的に操作できるコックトップ方式。
誤噴射防止のためボタン周囲がボタンより高くなっている。
噴射時はただボタンを押すだけのシンプル操作。
詳しい解説

6.安全レバー

安全レバー
噴射ボタンとは別に安全スイッチが付いているタイプ。
安全スイッチを解除しないと噴射出来ません。
詳しい解説

7.ファイヤーマスター

ファイヤーマスター
大型の催涙スプレーに採用されるファイヤーマスター方式。
ボンベ本体を直接握らないので大きなボンベに向いている。
消火器のように安全栓を外してからボタンを押します。
詳しい解説

8.キャップリリース

キャップリリース
ボールペン型催涙スプレーはキャップを外すとノズルが出てきます。
特に安全ロックのような機能はありませんがキャップが誤操作防止の役割を果たしています。
詳しい解説