スタンガンと防犯グッズのKSP スタンガンコラム - スタンガンを買ったら

 カゴの中を見る  ログイン・会員メニュー  問合せ  サイトマップ

防犯グッズ・スタンガン KSPネット店

TOPページ会社案内お客様の声 |お問合せはお気軽に >> (0940) 42-9042(年中無休24時間/深夜除く)

防犯グッズ・スタンガンのKSP > スタンガン > スタンガン情報 > スタンガンを買ったら

スタンガンを買ったら

>> スタンガン

スタンガンを買ってから使うまでの手順のページです  〜初心者の方向け〜

当店でスタンガンを買ったら

TMMスタンガンは本格的に身を守る事のできる性能を持った高性能スタンガンです。
このページはTMMスタンガンを初めて買った方や使い方の基本をマスターしたい方のページです。
末永くスタンガンの性能を維持し、身の安全を守るためにお役立て下さい。

このページは当店のスタンガンに限定した説明であり、他店のスタンガンに当てはまるものではありません。
護身用の本格的なスタンガンを使うための最低限の知識です。
当店のお客様は全面的にフォローします。不明点は「どんな事でも」気軽にお問合せ下さい。
問合せ(電話は年中無休24時間対応)

スタンガンの確認

あなたが注文したスタンガンが手元に届きました。
あなたの命と安全を守る本格的な強力スタンガンです。
まずは梱包を開け、納品書と内容物の確認をしましょう。

箱から出したスタンガン

スタンガンの箱から中身を出します。
スタンガンはケースに入っていて、一緒に説明書や保証書も入っています。
未開封の新品電池(サービス)も付いています。

ちょっと待ってください!
すぐに電池を入れて試してみたい気持ちはわかりますが、そこは我慢して次に進みましょう。

スタンガンの取扱説明書

スタンガンには説明書が付いています。
この説明書はTMM社が制作したもので、業務用の納入を意識したとても詳しい説明が記載されています。
自分の身を守るためのスタンガンです。
正しく使うために、面倒でもまずはしっかり読みましょう。

ここでわからない点などありましたらお気軽にお問合せ下さい  当店に問合せ

それではいよいよ電池をつなげます。
まずはスタンガンの安全スイッチをOFFにして下さい。

スタンガンの安全スイッチをOFFに

電池を取り付けている最中に誤ってボタンを押し、スパークしてしまわないようにします。
最初に必要な電池は新品未開封のものをサービスで付属させています。
それぞれのスタンガンに合った方法で電池を接続します。

★9V角型(6P型)電池のスタンガン

9Vアルカリ電池は、リード線とコネクタを使って電池を接続します。
接続が終わったらスタンガン本体の電池ボックスに電池を戻し、フタをしっかりと閉めて下さい。

電池フタを開ける電池を接続

電池ケースに入れる

リード線を引っ張ったり、リード線で電池をぶら下げたりしないで下さい。
電池の入れ方や向きが分からない時は当店ホームページに写真があります。  スタンガンページ

★単4電池のスタンガン

単4アルカリ電池の場合はリード線はありません。
テレビのリモコンのように、極性に注意して電池を入れ、フタを閉めて下さい。

電池フタを開ける電池を入れる

フタを閉める

電池を正しく装着したらスパークしてみます。
スパークの前に、いくつかの注意点があります。

大きな音に驚かない

スタンガンの放電
スタンガンのスパークは電気の放電によるもので、大きな音がします。
小さなカミナリのようなものです。
この音は威嚇効果にもなりますので驚かないようにして下さい。
驚いてスタンガン落としてしまう方もいます。

持っている手には感電しないので心配しない

スタンガンの正しい持ち方
正しい持ち方をしている限り自分が感電する事はありません。
持ち方はスタンガン商品ページをご覧下さい。    スタンガンページ

空中スパーク(何にも当てていないスパーク)は2〜3秒のスパークを断続的に

空中スパークはスタンガン内部回路に最も負担のかかる行為です。
数十秒といった長時間の連続スパークはしないようにして下さい。
スタンガンを相手に接触させている時は連続でも問題ありません。
空き缶や流し台などに当てて放電すると、スタンガン本体の負担が軽減されます。

空中スパーク後には【必ず】アース放電をする

スタンガンのアース放電
TMMスタンガンは特に強力なため、空中放電後は内部回路の部品に電気がチャージされたまま残ります。
チャージされたままの状態で電極に触れると、静電気のようにパチンと感電する事があります。
これはスイッチに触れていなくても起こります。
空中放電後は必ず空き缶や流し台などの金属に電極を両方とも接触させてアースして下さい。
アース後は電極に触れても安全です。

それでは、安全スイッチをONにして、スタンガンを正しく持ち、トリガボタンを押してみましょう。
ボタンを押している間はスパークが発生し、ボタンを離すとスパークが止まります。
スパーク後はアース放電(上述)を忘れずに
当店のスタンガンは全て出荷時にスパークテストをしていますので確実にスパークが発生すると思います。

トリガボタンってどれ?という方は説明書と一緒に添付している当店オリジナルの操作説明をご覧下さい。
KSPオリジナルのスタンガン操作説明書

これで準備と使い方は完璧です。
もう一度安全スイッチがOFFになっている事を確認してから携帯しましょう。
実際に使用する時は

【威嚇】 安全スイッチをONにする → 相手にスタンガンを見せてスパークする
【撃退】 相手にスタンガンの電極を強く押し当て、トリガボタンを押す


のようになります。
撃退の時のトリガボタンを押すタイミングは、相手に押し当てる前でも押し当てた後でも構いません。
トリガボタンを押したままにして相手に付けたり離したりといった使用法も良いでしょう。

ストラップは出来れば手首に通す
相手に奪い取られないための保険です。ストラップの付いている機種は出来るだけストラップを手首に通して持ちましょう。

安全スイッチの解除タイミング
相手に襲われる時はもちろんですが、相手がいなくても危険を感じる時(夜道の一人歩きなど)は、スタンガンを手に持って、いつもで使用できるように安全スイッチはONにしておきましょう。
その後の保管時には安全スイッチOFFも忘れずに。

威嚇は相手によく見せて
相手を威嚇する場合は、スタンガンを相手の目の前に差し出すとさらに効果的です。驚きと恐怖で、襲う気持ちも失せます。

感電させる場合は相手に押し付けて
相手に電撃を加える時はスタンガンをしっかり持ち、電極を相手に強く押し付けてから放電して下さい。
相手に接触させている間はスパークの音や光は発生しません。電気は全て相手の体内を流れます。

接触時間は3秒を目安に 相手が逃げるか降参するまで
相手への感電時間は3秒を目安として下さい。普通は1秒も耐えられず、相手は地面に崩れ落ちます。
相手がなおも抵抗すれば、接触を繰り返し、相手が降参するか逃げ出すまで繰り返します。
(相手を取り押さえるために使用するのではありません。できるだけ速やかにその場から避難しましょう。)

相手に接触してても自分は安全
例え相手に背後から抱きつかれていたとしても、心配しないで相手の手や脇腹にスタンガンを当てて下さい。
相手と接触していても、相手に流れた電気が自分に流れる事はありません。

当てる場所はどこでもいい 皮膚の薄いところはNG お腹や背中が効果的
スタンガンを当てる場所はどこでも構いません。どこに当てても全身に感電のショックを感じます。
基本的に手は動かしやすいので当てにくい傾向にあります。
お腹や背中、下半身から足にかけてはよけにくく、スタンガンを当てる目標に良いでしょう。
頭部や首など皮下脂肪が少ない(皮膚の下はすぐに骨)ような部位は、スタンガンの電極で怪我させる可能性がありますので、出来れば避けるようにして下さい。

相手が気絶したり死んだりする心配はありません
スタンガンは相手に激痛と感電ショックを与えますが、相手が怪我をしたり死んだりしなように安全に設計されています。
相手は一時的にマヒするだけで後遺症もなく安全です。

互いにずぶ濡れの場合は自分も感電するかも
互いにずぶ濡れで、相手を接触している時は、相手に流した電気が自分に流れてくるかもしません。
そもそもスタンガンは防水ではありませんので水に強くはありません。
水中や土砂降りの雨の中では使用しないようにして下さい。
(催涙スプレーは雨の中でも問題なく使用出来ます)

催涙スプレーと組み合わせると効果大
スタンガンは威嚇と瞬時性に優れます。感電した相手は感電した瞬間から動けません。
しかし、さらに催涙スプレーを噴射すると、相手をを1時間以上も行動不能に出来ます。
当店ではスタンガン+催涙スプレーの組み合わせを強くお勧めしています。

スタンガンの電池の消耗には次の2つがあります。

1.使用して電池が減る
2.使用してないが自然放電によって電池が減る


どちらの場合でも、電池が減るとスパークの間隔が長くなります。
【電池がある】 バチバチバチバチバチ
【電池が少ない】 バチ ・・ バチ ・・ バチ ・・ バチ
スタンガンの電池が減ると、スパークが弱くなる代わりにスパークの間隔が間延びします。
最初の時よりもスパークが間延びしてきたら交換時期です。
電池は早めに交換し、万が一に備えてスタンガンをベストコンディションに保ちましょう。

スタンガンは使用していなくても自然放電によって電池を消耗します
未使用時の電池交換の目安は50日に一度です
電池をスタンガンから外して保管する場合は2〜3年は保管可能です

TMMスタンガンは高性能なため、使用する電池に制約がありますので注意して下さい。
【9V電池】 デュラセル(推奨)又はパナソニックのアルカリ乾電池
【単4電池】 アルカリであればメーカー不問

このページでは、当店でスタンガンを購入後に知っておくべき事を順を追って説明しました。
適切な使用法とメンテナンスで、強力なTMMスタンガンを末永くお役立て下さい。

わからない点などありましたらお問合せ下さい。
電話は年有無休24時間(深夜除く)受付けています。
(0940) 42-9042 までどうぞ
当店に問合せ

KSP店長 白石



スタンガンページへ