記事一覧

防犯用語集トップ > さ行 > > 催涙スプレー

催涙スプレー

ファイル 4-1.jpg

■用語  催涙スプレー
■読み  さいるいすぷれー
■解説
よく「さいみん」スプレーと呼ばれる方がいますが、正確には「さいるい」スプレーです。
顔面に噴射を受けると目や鼻、喉が激痛に襲われ、目が開かない(文字通り涙が止まらない)、咳が止まらないといった激しい症状が起きて一定時間自由が効かなくなります。
ただし後遺症がないため症状は1~2時間で回復します。

使用されているのはOCガス(唐辛子成分)のものが多く、この成分は一般人だけでなく泥酔者や麻薬中毒者にも強く作用し、熊や野犬などの動物にも同様に作用しますので、護身用としてだけではなく熊対策スプレーとしても重宝されています。
OCガスの場合、噴射を受けて約1時間は視界を完全に奪われ(目が開かない)、あまりの激痛に身動きがとれません。その後、冷水で目を洗うなどの処置をしなければ2~4時間は激しい症状によって普段通りの行動はとれません。なおガスの効果は自然となくなるため治療などの必要はなく、後遺症も一切ありません。
催涙スプレーは護身用の基本ツールとしてどんなシーンでも対処でき、誰でもスプレーするだけで簡単に使用出来るため人気があります。

催涙スプレーには様々なブランドや種類がありますが、現在国内で最も強力なのがTMM社のポリスマグナムというシリーズです。
このシリーズはアメリカ軍が使用している事でも知られており、軍の厳しい基準をクリアしている高性能な催涙スプレーで、催涙ガス中の催涙成分の濃度も国内で最も高い(強力な)製品です。
TMM催涙スプレーは全て製造日や使用期限が明確になっており、残使用期限が2年以上の製品のみが流通していますので、期間とコストで考えても割安になる場合が多く、全ての面でお勧め出来る催涙スプレーです。


【KSP店長の一言】
催涙スプレーは全ての人に所持して欲しい護身用品の基本ツールです。催涙スプレーがあれば助かったのにという事件を毎日のように耳にします。犯罪の被害者になってしまう前に催涙スプレーの所持をお勧めします。