ポリスマグナムの有効期限はTMMラベルが正です

催涙スプレー「ポリスマグナム」の有効期限表示はTMM社のラベルが正解です。
スプレー本体のラベルに印刷された「Expiration」は製品本体の使用期限とは関係ありません。

ポリスマグナムの有効期限の表示説明

本来「Expiration」とは使用期限を意味します。
しかし、ポリスマグナムのラベルに印刷されている「Expiration」は、過去にポリスマグナムメーカーが大量に印刷したものを現在も使用を続けているため、本来の使用期限とは異なります。

使用期限はTMM社のラベルが正です。Expirationは関係ない期日なので無視して下さい。

TMM社とポリスマグナムメーカーとの話し合いにより、今後製造するラベルからExpirationの表示をなくす取り決めになっています。代わりに生産時点で缶底に有効期限又は生産日(生産ラインによって異なる)を印字する事になっています。

現在販売しているポリスマグナムは、このラベルにおいて切替時期にあたりますので、当面の間はExpirationの表示のあるラベルと表示のないラベルが混在する可能性がありますのでご了承下さい。

以下にポリスマグナム製品に添付されているTMM社によるラベル説明書の原文を紹介します。

  • ポリスマグナムOC-17%のラベルに印刷されている使用期限で「Expiration 10/11」は実際の使用有効期限とはまったく関係ない期日ですので、TMM社では考慮していません。このラベルはメーカーがラベル印刷のコストを削減させるため、毎年1年分の生産枚数を過去の実績に基づき予測して大量に印刷したものです。例年ほぼ1年間以内に印刷したラベルを使い切ってしまいますので実際の有効使用期限との誤差も許容範囲内でしたが近年の米国経済不況で大きく受注が減り印刷後1年間を経過しても多くの在庫が残ることとなりました。この在庫分は1年経過後も全部使い切るようにしています。
  • この事は事前にTMM社も契約により承諾しています。したがって現在は催涙スプレー容器の底部にジェット・プリントされた裏面の通りの有効使用期限が実際の使用期限と定めています。また生産日の場合はTMM社はこの生産日から3年6ヶ月後を有効期限と定めています。
  • 今後はラベルにExpiration[期間満了]を印刷せずに容器の底部に印字することで有効使用期限の問題に関して解決合意をしています。
  • このポリスマグナムOC-17%は米国軍隊・警察を主要とした国家機関専用の催涙スプレーです。そのため品質・性能・威力を含めたスプレー容器(アルミ缶)の品質・強度・密閉精度も群を抜いて優秀で高性能です。
  • ですからポリスマグナムOC-17%催涙スプレーのメーカー保証による有効使用期限は直射日光が当たらない屋内常温を条件に「5年保証」です。しかしながらTMM社では実際の使用環境を考慮して「3年6ヶ月」と定めています。


防犯専門店KSP 店長 白石

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加Check