ポリスマグナムにバースト噴射モデル新登場!

新型ポリスマグナム
ご存知の方も多いかもしれませんが(既にKSPサイトでは販売開始済みなので)、ポリスマグナムに新型タイプが登場しました。
次世代を担う注目の新機種です。

新登場のポリスマグナム4機種

新型ポリスマグナム
ポリスマグナム 2oz BST噴射 C-605
ポリスマグナム 3oz BST噴射 C-606
ポリスマグナム 4oz BST噴射 C-607
ポリスマグナム 5oz BST噴射 C-608

大量噴射が新しい ⇒ バースト(BST)噴射!

まず一番の違いは、従来にない大量噴射です。
実際にサンプルを試射した時、私はその噴射量の多さにとても驚きました。
時間換算で、例えば同じ1秒間の噴射でも、これまで主力だったフリップトップ(F-605などのジェットミスト噴射)のほぼ3倍の量を噴射します。驚きました。初めて噴射した時は鳥肌が立ちました。
そこで、この催涙スプレーに特徴的なネーミングをしたいと思い、バースト噴射(BST)と名付けました。
まさに破裂するかのような圧倒的な噴射量です。
一撃必中で考えると、バースト噴射はまさに理想的な噴射方式と言えます。
相手の顔に直撃し、反射的に相手が手で顔を覆ったとしても、既に十分以上の催涙スプレーが顔面を直撃した後なので抵抗は100%不可能です。

KSPで撮影した動画がありますので紹介します。
動画を見れば一目瞭然です。
上がバースト噴射、下がジェットミストです。
噴射の量を見比べて下さい。

■バースト噴射

■ジェットミスト噴射

ただし、噴射量が多いためも欠点もあります。
それは噴射時間が短くなるという点です。
例えば一番小型のバーストモデルはC-605ですが、このモデルの噴射時間は2秒しかありません
このように大量噴射はその分だけ噴射時間が縮まりますので、選定の際は注意が必要です。
KSPでは最低でも3秒は欲しいと考えますので、C-606を推奨しています。

操作方式が新しい

操作方式は、ポリスマグナムで初となるコックトップです。
コックトップ方式

はっきり言って、すごく使いやすいです!
実際の使用時に、多少のパニックになったとしても噴射できないなどは有り得ません。
ただボタンを押すだけだからです。
そして、構えて噴射するまでの時間も、このコックトップが一番短時間で噴射可能です。
指を差し入れてボタンを押せば、すなわち正面が噴射口という単純明快さ。
噴射方向を間違える事も有り得ません。
手が大きな人、指が大きな人、手袋をしてても関係ありません。
恐らく最もオールマイティに、直感的に使用できるのが、このコックトップのポリスマグナムです。

ポリスマグナム BSTモデル オススメです!

業務用に従来からF-605(ジェットミスト)を使用していたプロの方にも、バーストモデルのC-606への切替の動きが出てきています。
理由は単純明快で「一撃秘中の業務シーンでの運用に相応しい」というものです。
たった一瞬の噴射で、可能な限り最大限のダメージを与えられる性能を持っているのが、このバーストモデルなのです。

当店としてはF-605も推奨します

バーストモデルはメリットの多い優れた催涙スプレーです。
しかし、本体のサイズは携帯性に大きく影響します。
やはり小さいほど携帯性が良く、持ち歩き易いのは事実です。
KSPでは基本的にはこれまで通りジェットミストのF-605を最も推奨する催涙スプレーとします。たった10cmそこそこの本体サイズで、噴射可能時間が7秒というのはとても魅力的なのです。特に訓練もなにも積んでいない素人のユーザーにとっては、命中しなかったりというリスクを考えると、2度目、3度目のトライができる容量的な余裕は欲しいと考えるからです。
しかし、本体サイズが許すのであればF-605よりC-607(バースト)良いですし、それは同じ噴射時間を確保できれば大量噴射のほうが、撃退率が大幅に高まる事につながるからです。

携帯性を考え小型で = F-605
より強力な噴射で安心したい = C-606C-607C-608

という形になります。

なんだか文字ばっかりだし、専門用語ばっかりでわかりにくいよ!という方は気軽にお問合せ下さい。
文字だらけでカチコチの文章は私の悪いクセです。スミマセン。
問合せにはできるだけ丁寧にご説明しますのでお気軽にどうぞ!

TEL 0940-42-9042

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加Check