どんな時でも助かりたい!護身用品は総合力がカギ

護身用品の基本アイテムにはスタンガン防護盾型スタンガン催涙スプレー特殊警棒があります。
なかでもスタンガンと催涙スプレーは護身用品の基本アイテムです。
スタンガンと催涙スプレーは相手に怪我をさせず安全かつ積極的に自己防衛が出来る護身用品です。

20101227001.jpg
左:S-312 中:S-310 右:F-605 (それぞれ人気の機種)

当店への問合せのなかでもスタンガンと催涙スプレーに関する質問は多いのですが、質問内容の偏りが最近気になっています。
スタンガンに興味を持ってホームページを見た方はスタンガン寄りの視線から「催涙スプレーはちょっとね」と考え、催涙スプレーを念頭にホームページをご覧になった方は「スタンガンは乱暴だし」と思っています。全員ではありませんがけっこうな割合でお気に入りの護身用品があり、その他の護身用品には否定的という方は少なくありません。

スタンガンと催涙スプレーはどちらにも利点と欠点があります。そして互いに欠点を補い合えるのがスタンガンと催涙スプレーです。

例えば暴漢が凶器を持っていて数m離れている場合、催涙スプレーを相手に命中させ相手を行動不能にできます。
しかし暴漢が背後や正面から抱きついて来た場合、スタンガンを相手に接触させないと振り払えません。
人が密集しているパチンコ店で暴れるゴト師を確保する時に催涙スプレーを使うとホールは大混乱になります。
相手をスパークで威嚇する力はスタンガンにしかありません。(威嚇のみで撃退できるのが理想ですから)
数時間もの間相手の目が開かない(自由に動けない)ようにさせられるのは催涙スプレーだけです。
激しく暴れる相手をその瞬間に全く動けなくさせられる(体が硬直)のはスタンガンしかありません。

スタンガンにはスタンガンの、催涙スプレーには催涙スプレーの利点があります。
そして身を守らなければならないような危険はどのような状況下で起こるか予想出来ません。
出来るだけ多くのシーンでの総合的な対応力を考える場合、スタンガンと催涙スプレーの両方が理想です。

例えば当店のユーザーの実体験2例を見てもそれはよくわかります。

1.アルコール中毒で酔って刃物を振り回すご主人
酒を飲んでは暴れるご主人がいるお宅。奥様と幼児の3人が同居。約1月前にご主人の素手の暴力で奥様は肋骨を骨折。最近では暴力がエスカレートして刃物を出すようになってきており、泥酔状態で自制心も感じられず危険を感じるという奥様にスタンガンと催涙スプレーを薦めました。両方とも購入されてから約1月後に恐れていた通りに酔ったご主人が包丁を持って襲ってきたそうです。逃げ回りながら催涙スプレーを噴射し護身が成功。警察が来るまでご主人は全く動けなかったそうです。奥様からは「子供と私の命が救われた」と大変感謝されました。
2.男性に押し倒された女性の撃退方法
バーで出会った外国人の男性と一緒に外を歩いていたところ突然男性から押し倒され乱暴されそうになった。その時に女性はすぐ脇に落ちた自分のバッグからスタンガンを取り出し、抱きついている相手の背中に接触。男性は叫び声を上げて女性の上から転がり落ちそのまま逃げていったそうです。

世の中には危険の数だけ状況も様々です。
危険は100%予測できませんが護身用品はできるだけ広範囲の状況をカバーするのが鉄則です。

催涙スプレー寄りの方、一度スタンガンの利点を真剣に考えてみませんか。
スタンガンこそ絶対だと思っている方、催涙スプレーの効果も考えてみましょう。
護身用品のタイプに偏った考えを持たず総合的に備える事が護身にとって大切なのです。

スタンガン、催涙スプレー、特殊警棒のプロショップ 防犯専門店KSP 店長 白石

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加Check