人間を狩る危険な野犬と撃退実績No.1のポリスマグナム

s-blog-20110310.jpg
※写真はイメージです

山間部でのポリスマグナムの活用実例をTMM社から伺いましたので紹介します。

日本の山間部には様々な危険動物が生息して人間に脅威を与えています。
秋口になると熊の被害がニュースを賑わせますし、イノシシやサルの被害も聞きます。
しかし日本の山間部において最も危険なのは「野犬」だそうです。

犬は地域を選ばず日本全国どこにでも生息しています。
もとは飼い犬だったかもしれませんし野犬としての子孫かもしれませんが
野生化した犬は私たちが慣れ親しんでいる(私も飼っています)犬とは
全く別の性質のものです。
野生化した犬は食料の確保が全てであり、人間は彼らにとって獲物でしかありません。
熊などはよく「熊の縄張りを侵した」とか「母熊が小熊を守るため」とか「臆病なため驚いて」とか
そういった要因で人を襲うようですが犬は違います。
人を「食料=獲物」として狩るのです。
ポリスマグナム(催涙スプレー)が山間部でとても多くの野犬撃退実績があるのですが、
助かった山間業の方々の話では野犬はまさに人間を獲物とみなして攻撃してくるそうです。

オオカミのように群れで獲物を狩る動物の例に漏れず、犬も複数が群れで襲ってきます。
完全に野生化した犬はオオカミに近いのかもしれません。
彼らはまず複数の群れで距離を保って人間(獲物)を囲みます。
そして威嚇(唸りなど)しながら徐々にその輪を小さくして獲物を囲い込んでいきます。
最後に一斉に襲い掛かって獲物にトドメを刺すのでしょう。
しかし包囲の輪を縮めてゆく最中に野犬がポリスマグナムの射程距離内に入ります。
使用するポリスマグナムはジェット噴射+射程5mのB-609です。
野犬がポリスマグナムの射程内に入ったところで噴射します。
すると野犬はそれこそもがき苦しみながら退散するそうです。

犬は周囲の異変を嗅覚で察知する能力に優れます。
催涙スプレーも例外でなくまずはその異臭を嗅いで確かめるでしょう。
この嗅ぐという行為は本能ですからどうしようもありません。
そして犬の嗅覚は人間の1000倍以上・・・・
催涙スプレーを鼻から思い切り吸い込んだ犬の苦しみは想像を絶します。

お話によるとこういった撃退例は非常に多く、ポリスマグナムは山間作業の方に
絶大の人気と高い信頼があるという事です。

ポリスマグナムB-609とホルスターのセット
実際に活躍しているポリスマグナムとホルスター
催涙スプレー ポリスマグナム B-609
B-609専用ホルスター
B-609とホルスターのセット

噴射の動画

B-609はファイヤーマスターという噴射方式で「ジェット噴射」の催涙スプレーです。
催涙液は細かい霧状で、しかも強力な勢いで噴射されます。
到達距離、風への強さ、噴射量、狙いやすさなどから屋外の動物撃退に最適な催涙スプレーです。
(さらに大型のものにB-610があります)

山間部の野犬、しかも群れで行動する野犬は人間にはとても太刀打ちできないでしょう。
彼らにとって人間はウサギやタヌキなどの獲物の一種かもしれません。
追い払うといった行動欲求とは違い「獲物を狩る」という欲求はとても危険です。
山間部での行動時や野犬が心配な時はポリスマグナムを携帯して備えましょう。

護身用品専門店KSP 店長 白石

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加Check