ストーカー認知件数過去最大 DVも増加

blog20130206a.jpg

東京都でストーカーの認知件数が過去最高を記録しました。

なんと前年比44.7%増という驚異的な増加率です。

ストーカー認知件数、都内で過去最多 1400件超

2013.2.4 14:31
 平成24年の東京都内のストーカー認知件数が1437件で、統計を取り始めた13年以降最多となったことが4日、警視庁のまとめで分かった。前年比では44・7%の増加。同庁生活安全総務課は、昨年11月に神奈川県逗子市で元交際相手に女性が殺害された事件などで関心が高まり、相談件数が増えたとみている。

 ストーカーをした人に対する書面での警告も、過去最多だった23年の168件を大幅に上回る275件。ストーカー規制法違反容疑での検挙は前年比4件減の16件だったが、傷害や脅迫などの容疑での検挙は53件増の73件に上った。同課は「積極的な事件化を図った結果」としている。

 相談した人は14〜73歳で85・7%が女性。ストーカーをしたとされる人は15〜78歳で、83・4%が男性。いずれも20〜30代が過半数を占めた。相談者との関係では62・1%が交際相手や元交際相手だった。

 一方、ドメスティック・バイオレンス(DV)の認知件数は前年より463件多い2805件で、過去最多だった21年の2871件に次いで多かった。

増加率も驚きですが、注目すべき点はその内容です。

私もストーカーを考える(ストーカー対策)で再三警告している通り、相談者との関係のうち62.1%と過半数が交際相手や元交際相手という恋愛ストーカーでした。

恋愛の問題はとにかくこじれやすく、感情の問題なので解決が難しいのは想像に難くありません。

恋愛や結婚は、互いの関係に問題が出てくるととたんに複雑になります。当事者の感情に差が出てきて、それが広がっていく時に、うまく対処できないとストーカー化しやすくなります。男女の問題ですからうまくいかない時も当然ありますが、どのような場合でも逃げずにしっかりと話し合う事は初期段階としてとても重要ですので覚えておいて下さい。

さらに調べていくと、このようなニュースがありました。

緊急通報装置の貸出急増 ストーカー被害相談相次ぎ 2012年に県警

2013年02月05日 10:46
 県内でストーカーやDVの被害相談が相次ぐ中、県警は4日、昨年1年間の携帯用緊急通報装置の利用者が前年から26人増の延べ62人に上ったことを明らかにした。長崎県西海市のストーカー殺人事件以降、同装置の利用希望者が急増した。県警は「このままでは貸し出しに支障が出る」として、新年度の当初予算案に15台の増設費を計上している。同日の県議会一般質問で、大山憲司本部長が答弁した。

 県警子ども女性安全対策課によると、同装置はストーカーやDVへの対応を迅速化する目的で、県警が2002年7月に10台を導入。利用者の増加などを受け、11年5月に5台を増設して計15台で運用していた。

 同装置は緊急時にボタンを押すと、警備会社が位置情報を把握して110番通報し、最寄りの警察署などから警察官が現場に向かう仕組み。県警は不測の事態に備えて数台は手元に置いているが、十数台は常に貸し出し状態という。同課は「より多くの貸し出し希望に応えられるように増設を要望した」としている。

外出先でどこにいても利用でき、警備会社を経由して警察に通報するという事から、この「携帯用緊急通報装置」はセコムの製品ぽいですね。

たぶんこんなモノではないかと思います。

photo_20110929_01.jpg

いわゆる携帯電話を通報機能に限定して特化させた端末です。

インターネット回線を利用して通報できるものでしょう。

警察や行政機関などが、このような通報装置を危機回避のメイン手段として案内している事には大変な危機感を感じます。

どこか他人ごととして考えており、平和ボケ感覚が払拭できていない証拠です。

これも私はどうしても間に合わない警察などで何度も言っていますが、通報や助けを呼ぶという行為はあくまで補助的な対策であり、その場で危険な相手から身を守る事はできません。この事を行政はきちんと説明して貸し出しているのか、不安になります。だって、通報して警察が緊急走行で駆けつけても、到着まで間違いなく10〜15分かかるからです。ストーカーや不審者から襲われている時の15分は、まさに永遠とも思える程の長さのはずですから。

皆さん、「護身」と助けを呼ぶ「防犯」との根本的な違いをよく考えるようにして下さい。

それが万が一の時に確実に身を守るための大きなポイントです。

最悪の事態で相手と一対一になった時、目の前に危機に対抗するのはあなたしかいません。

通報して助けを呼ぶのも必要です、でもその危険な瞬間に抵抗する手段、それこそが生死を分ける一瞬になるかもしれないのです。

急増するストーカーとDV被害について、悩んでいる方も大勢いると思います。

身に迫った危険ついて、しっかりと考えて備えましょう。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加Check